読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むしのいどころ

( ^ω^)どうか忘れないでください 全力になったこの場所を 遊戯王 日常 そのほか書きます

( ^ω^)初心

( ^ω^)よお

 

こんばんは神速です

いやはやあつくなってきましたね

世間もそろそろGWに突入です( ^ω^)

 

YPのみなさんはこのGWはやっぱりCSに参加する人も

多いのではないでしょうか?2、3連戦

多い人では5連戦まで最大ありますね!

関東で連戦があるのはめずらしいです(´・ω・`)

 

さて、

自分ももちろんこのGWはCSに出るのですが

それに向けていろいろ思い出すことがあったので

昔話をします

 

( ^ω^)需要はないと思うのであんまり読まなくていい

 

 

今からもう3年ちょっと前くらい

CSの存在を知った俺氏はとにかく憧れました

 

( ^ω^)CSってすげー みんな強そうだ

 

( ^ω^)ショップの大会とかとは雰囲気が全然ちがうや

 

( ^ω^)俺もここで勝ってみたいな

 

 

予選はもちろんですが

やはり決勝トーナメントの雰囲気はびっくりしました

たくさんのギャラリーに囲まれながら 見守られながら

強豪プレイヤーが真剣に戦っていました

 

 

( ^ω^)いつか俺もあそこで遊戯王するんだ

 

 

 

それからまたしばらくの月日が流れ

気づけばもう何度もCSを経験している自分がいました

 

でも結果はダメダメ

2-2続きで ひどいときは1-3、0-4したこともありました

 

その頃の環境は

ヴェルズラギア、聖刻龍、甲虫装機、ラヴァル
そんな感じのデッキが頑張ってる時でした

 

でも 自分のデッキはそんな環境デッキじゃなく

まぎれもない【リクル昆虫】なのでした

 

 

(;^ω^)また勝ち越せなかった

 

 

(;^ω^)もう無理なのかなあ

 

 

負けて負けて毎日考えました

学校にいるとき、通学の電車の中で、飯のとき、

風呂に入ってるとき、寝ているとき

 

たくさんの案を手当たり次第に試して

その度CSに持ち込んでは負けて帰ってくる日々

そろそろ心も折れかけた時でした

 

ちょうど、2つのCSが同一日に開催されることになりました

 

黒い羽CSとJDCトライアルです。

 

みんなはJDCの方に申込みました

もちろん自分も申込みましたが、結果は自分だけ

抽選落ちしてしまいました('A`)

 

仕方なく、黒い羽CSに申し込むと抽選をとおり

ひとりで黒い羽CSにいくことになりました

 

前日、みんなで調整をしてから

「明日頑張ろう!」って感じで解散( ^ω^)

 

 

( ^ω^)孤独とは本当に恐ろしい

 

 

黒い羽CSが始まりました

 

1回戦の六武衆にボコボコにされてスト負けし

さっそくメンタルが折れそうになっていましたが

なんと2、3回戦きれいに勝ってしまいます

 

(;^ω^)も、もしかしてワンチャンあるのかも?

 

 

わずかな希望ではありますが

3-1でトナメあがりという道が見えてきました

 

(;^ω^)たのむぜドーザー

 

 

4回戦、相手は【甲虫装機】

 

苦しい苦しい戦いでした。リクル昆虫は持ち前の持久力と

罠を武器にどうにかどうにか細い道をぬってマッチに勝利

 

( ^ω^)3-1だ

 

 

3-1です。

オポネント次第ですがもしかしたらがある位置に来れたのです

 

(;^ω^)期待しちゃうよね

 

期待しちゃいました。

初めて夢の舞台がすぐ近くまで来たのです

 

そして決勝トナメ進出者発表

 

運営「………○○さん、☆△さん、神速さん」

 

 

( ^ω^)あっ

 

 

( ^ω^)あがったwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

名前が呼ばれたとき 情けないことに

ほんとにそれだけで喜んじゃいました

ほかの人からしてみればどう見ても通過点なそこに

大きな価値をたしかに感じていました

 

 

席につき、試合が始まります

 

相手のデッキはカオスヴェルズラギア(名前わかんないけど)

 

( ^ω^)ビート系なら得意だぞ

 

じまんのリクル昆虫が決勝トナメで戦える

 

 

たくさんのプレイヤーが見てる中でプレイしました

 

( ^ω^)

 

 

こんなにも緊張するのか

 

こんなにも気持ちがいいものなのか

 

初めての経験だったのでそれはあまりにも新鮮で

 

心地よく感じました

 

 

個人戦。決勝トナメ。はじめてのトナメ

 

ほかの誰でもない、自分の力で上がれたこと

 

環境デッキなんかじゃない、自分の考え抜いたデッキで来れたこと

 

ドーザーを堂々とこの場所で使えること

 

 

( ;ω;)わかるまい 誰にもわかるまい

 

わかってたまるか。

 

環境デッキにびっくりギミックいれてキメたとか

 

環境外テーマデッキで頑張ってあがったとかじゃない

 

最初から最後まで全部俺自身で考えたこのデッキで

 

掴んだこの場所 この感覚だったのです

 

 

この場所をどれほどの絶望的な距離に感じてたか

 

やっとやっと来れたこの場所は

 

最高の感覚をくれました

 

この緊張感、雰囲気がたまらなかったです

 

でも、

結果は1落ち。3本目までもつれ込んだその試合は

開闢ラビットによりあっけなく崩れていきました

 

それでも、大きな大きな経験になりました

 

( ^ω^)あの感覚が欲しくて、またトナメを目指すのかもしれません

 

 

 

 

また数年の時を経て、

決勝トーナメントにあがること それはもちろん

通過点ではあるという認識に変わってきてはいるのだけれど

昔こうだったってことをたまには思い出しても

いいのかなとか思いました( ^ω^)

 

デッキは違えど、

一生懸命考えたり練習したりしたデッキ

トナメの舞台に、決勝の舞台に

1度でも多く連れて行ってあげたいですね

 

あの緊張感をたくさん味わって行きたいですよね。

 

あわよくば、

またリクル昆虫で上を目指したいな( ^ω^)

 

 

 

CS連戦が始まります。

「決勝トーナメントはいけて当然、通過点」

って認識は絶対間違いじゃないんだけど、それでも

 

まずはトナメに向けて全力になろう、

あの頃とやることは何一つ変わらない

 

( ^ω^)初心を忘れず、慢心せず 頑張ります

 

 

 

 

( ^ω^)今回の記事は内容がなかったね